[思い出の主]
少々偏屈ではあったが、
彼は大変頭の切れる男だった。

そして、彼の肌は血が流れているのか分からないくらい、
恐ろしいほどに白かった。



2002/06/27