絵板05(2003)




■まるで波のような
黙れ
お前の声など聞きたくもない
私の思考が鈍る
お前など死に絶えてしまえ

私はただ、眠りたいだけなのだ







■レンズ(1)
僕は
姉さんが好きで
好きで好きで
たまらないんだ

彼奴が居なくなった今
姉さんの為だったら何でもできる

世界が 姉さん以外の風景が
歪んで見える




■レンズ(2)
結局あなたは
自分の都合の良いようにそのレンズで見ているだけじゃない。
未だ兄さんの幻想に囚われているだけ。
そこから逃れられないでいるのはあなただけ。

…私よりタチが悪いわ。



■レンズ(3)
あなたはただ黙って
私の手足になっていればいいのよ
考えることなんて何もないわ
何も見なくていい




■天才小学生の正体
それはそれは綺麗な石がついていたんだ




■電話しながら描いた




■私は何処に居る?
私は何処に居る?
居場所は分からなくとも、ここは以前来たことのある場所。
誰かが「来るのは止しなさい」と言っている。
だがもう、帰ることはできない。




■あ、
そろそろ私、人間辞めますんで。




■ヌードデッサン




■おっかなびっくりーズ




■マリオ426面
プレイヤー(マリオ):宇宙人
はじめは好調でしたが、
やはり宇宙人の体は地球には合っていなかったのです。
不安定な体調の中のプレイにより、
すぐに宇宙人はバランスを崩し、
ミスをしなくてもいいような所でミスを繰り返し、
そしてゲームオーバーとなってしまいました。
ついでに宇宙人も果てました。
挑戦者求む。




■先日の話
「それ以上近寄るな、
ここはお前の来るような場所ではない」

昨日の話ですが、彼らにこう言われたのです。
最近、彼らとも自然に接することができてきたので、
昨日もいつものように一緒にお話でもしようと思ったのですが、
やはりまだ私は仲間としては認められてはいませんでした。

ちなみに…
左から二番目のちびっ子に、いつも引っかかれております。
じゃれてんですね、でも爪長いです。